L8020乳酸菌

L8020乳酸菌

口腔内環境を健やかにサポートするヒト由来の乳酸菌

L8020乳酸菌は、広島大学の二川教授によって発見された、正式名称を「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」というヒト由来の乳酸菌の一種です。「満80歳で自分の歯を20本以上保ってほしい」という思いを込めて、L8020乳酸菌と名付けられました。L8020乳酸菌は、歯周病やむし歯になったことのない子どもの健康な口の中から発見された、口の健康に嬉しい乳酸菌の一種です。ヒトの口腔内には善玉菌と悪玉菌が存在し、そのバランスが、口腔内環境に影響を与えていることが分かりました。

私たちが口から取り込んだものは直接体内に運ばれていくため、口内環境を健やかに保つことがそのまま全身の健康につながると言われています。研究の結果、話題の善玉菌L8020乳酸菌は口の健康に役立つことが確認されています。